コンテンツ

分岐水栓の取り付けは水道工事を依頼すべきか

分岐水栓の取り付けの際に、水道工事を依頼すべきかどうか悩む人も多いでしょう。自分で対応することもできるからこそ、しっかり考えての選択が必要です。重要となるのは知識や経験があるかどうかです。

■8,000円ほどの費用がかかる

分岐水栓の取り付けを専門業者に依頼した場合、8,000円ほどの作業費用がかかることを覚えておいた方がよいでしょう。もちろん、分岐水栓自体の費用もかかります。水道工事において作業費は絶対にかかるものです。しかし、自分で取り付けを行うことで浮かせることもできます。
水道工事を依頼しない場合、まず購入する分岐水栓の種類を特定し、水道の元栓を閉じます。蛇口レバーの取り外しを行い、蛇口根本の取り外しも行うようにしましょう。次に分岐水栓の取り付けを行い、蛇口を元に戻します。さらに、分岐水栓の枝分かれ部品の取り付けを行い、完了となります。

■経験や能力を考慮しての選択がベスト

分岐水栓の取り付けを水道工事で依頼すべきかどうかは、経験や能力を考慮して決める必要があります。経験や能力があるのなら何も問題なくスムーズに対応できることもあります。どうしても初めて作業を行う際は戸惑うこともあります。取り外しができたとしても、元に戻す作業で順序が分からなくなり時間や手間がかかるだけでなく、きちんと設置できないこともあります。
確実なのはやはり水道工事を依頼することです。費用をかけてでも確実性を追及するのなら迷わず依頼することを考えた方がよいでしょう。力もいる作業であるため、女性は特に対応するのが大変かもしれません。

■まとめ
分岐水栓の取り付けは水道工事を依頼すべきかどうかは、ケースバイケースと考えるのがよいでしょう。自分ですべてにおいて対応できる場合もあれば、確実性を考えての依頼をした方がよい場合もあります。どちらを選択するにしてもしっかり考えて対応をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ