コンテンツ

水道工事を行うのになぜ資格が必要か

水道に関するトラブルが起きたとき、修理に携わるスタッフは資格が必要となります。例えば給水装置に関する工事や排水設備に関する工事も有資格者によって行われます。資格を持たない専門業者に依頼して、もしも修理をしたあとにトラブルが起きてしまうととても厄介です。水道 評判も考えて、専門業者に依頼する場合は有資格者がいるかどうか確認しないといけません。

■無資格の場合は罰せられてしまう

水道工事を行う専門業者に依頼した場合に無資格であると、罰則や罰金が科せられることがあります。なかなか発覚することはありませんが、水質調査の際や水道設備が原因で起こる家事がきっかけとなり発覚することがあります。罰則や罰金は自治体やそのときの状況によって決まります。
施工不良を起こすことも考えられます。水漏れなどのトラブルが発生する可能性が高まるため、非常にリスクが高いです。まず資格の有無を確かめて専門業者を選定した方が安全です。

■ホームページのチェックと水道局指定工事店の存在

水道工事を行う専門業者を選定する場合、まず業者のホームページを確認しましょう。すべての資格を有しているのが望ましく、ホームページに記載されています。自治体のホームページからも簡単に調べることができます。条件を満たしているからこそ、安心して依頼ができるでしょう。
もちろん、どの専門業者に依頼する場合でも実績は事前にチェックしておかないといけません。今回依頼する内容の水道工事を何度も行っているのならより安心して依頼ができます。

■まとめ
水道工事を依頼するときは、有資格者が在籍している専門業者に依頼しましょう。料金の安さにとらわれすぎて無資格業者に依頼してしまうと、後々のトラブルリスクが高まります。罰則や罰金、施工不良を起こすこともあるからこそ、まずは有無を確認しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ